振袖美人

レンタルで利用する振袖

成人式には振袖を着てみたいと思っていても、その金額にびっくりする人も多いのではないでしょうか。購入するとなれば高いものですが、振袖はレンタルでリーズナブルに利用することができます。
振袖のレンタルは、貸衣装店や呉服店でも取り扱われていることがあります。着物は上半身と下半身がつながった衣類ではありますが、ワンピースのようにそれ一枚だけで着用できるものでもありません。帯や肌着類などたくさんのアイテムが必要になりますが、レンタルではこれらの小物も一式セットになって貸し出しが行われています。足袋であっても買い取りという形でセットの中に用意してもらえるので、自分で用意するものと言えば人によって体型補正をする際に着物の中に入れるタオル程度になります。
もしも自宅の近くの店舗で気に入ったものが見つからないという場合、近年ではネットでも利用されています。全国にある店舗の中から好みの商品を画面上で探しだし、ネット通販で購入するようにカートに入れて必要事項を入力するだけです。荷物は宅配便で送ってもらえますが、自宅ではなく着付けの会場に直送してもらうことも可能です。成人式は、振袖で晴れ姿を披露してみてはいかがでしょうか。

振袖を上手に着るポイント

洋装が一般的になった現在では、多くの方にとって、振袖や着物を着る機会は数えるほどしかないでしょう。しかし、振袖や着物はフォーマルな場で着用することが多く、ビシッと着こなしたいものです。プロに着付けてもらうのも良いのですが、なかなか思い通りにいかないことも多いです。自分で着付けを覚えてしまえば、微調整もできます。大人の女性の嗜みとしてトライしてみましょう。
まず、足袋を履き、着物用の肌着を着ます。専用の肌着にはいくつかのタイプがありますが、ワンピースタイプが着易く便利です。肌着を着用する時のポイントは、ウエストに余裕をもって縛り、体側にタックを作って上半身のシワをとっておくことです。
次に、補正をします。この作業で姿の印象が決まります。タオルなどを入れ、ウエストとヒップのラインをできるだけ直線的に整えておきましょう。次に長襦袢を着ますが、独身の方はのど元で、既婚の方はのど元から指2、3本下のところで衿元をあわせましょう。
さて、いよいよ振袖の出番ですが、まず掛け衿と衿先を身体のセンターラインに合わせましょう。振袖が左右のどちらかにねじれるのを防ぐことができます。補正材の上に腰紐がくるように合わせ、息を吸い込んでからしっかりと縛りましょう。着崩れと息苦しさの両方を防ぐことができます。
最後に、帯を巻きます。帯の緩みは着崩れのもとです。帯を巻くときには、一巻きづつしっかりと締め上げながら巻きましょう。

Favorite

お祝いや贈り物に最適な胡蝶蘭などの植物をご提案しています。

胡蝶蘭 販売

福岡で注文住宅なら!モデルルームも数多くご覧いただけます。

福岡 注文住宅

お得なお友達紹介キャンペーンを行っています。

ネイルサロン キャンペーン

Last update:2017/11/10